「奇跡の営業」の山本さんのスゴイところ

この記事の所要時間: 224

ビジネスにおいて感情に訴えるストーリーテリングで「行動」を起こさせる、BESTプレゼンプロデューサーの根本広喜です。

そういえば、この間スゴイ人のセミナーで、インタビュアーをやってきたことを話すのを忘れてたので、今日はその話をします。

奇跡の営業スゴイ人とは、ソニー生命の山本正明さん。
「奇跡の営業」という著書が、ベストセラーになっています。

スゴイのは、ベストセラーになっていることではなく、その実績です。

なんと480週続けて、すなわち約10年もの間、毎週3件以上の保険契約を獲得し続けているのです。
しかも、その手法は「紹介」ですが、紹介獲得率が8割以上という恐ろしいぐらいの確率なのです。

で、その方のセミナー第2部の対談で、私が生保出身ということで、インタビュアーとして、白羽の矢が立ったわけです。

正直、私は生保出身と言っても、契約はメチャクチャ獲ってはいたものの、保険についてメチャクチャ詳しいわけではありません。
個人のコンサルティングセールスなんかやったことありませんし、大体、つまらないから辞めてる訳ですから(苦笑)

でも、この方の話は非常に興味があったので、引き受けることにしました。

実際のセミナーの内容はココでは詳しくは書けませんが、簡単に言うと、山本さんは大したことや、特別なことはほとんどやっていません
しいて挙げればアンケートぐらいで、やっていることはその辺の営業マンとあまり変わりないのです。

では、なんでスゴイことができているのか?

それは、誰でもできることを、誰よりもキチンと継続してやっているからです。

「3日坊主」という言葉があるように、人間は「続けられない」生き物です。
逆に「継続は力なり」なんて言葉もありますが、それはまさに「人間は継続できない生き物」という証拠。

私は「なんで継続できるのか」という点について、かなり深く切り込んでみたのですが、明確な答えが得られませんでした。
別に山本さんが隠しているわけではありません。
そもそも意識していないんですね。

多分最初は意識して続けていたはずなんです。
それがいつしか「無意識」に変わり、変わった頃には、完全な「習慣」になっていたということなんでしょう。

山本さんのスゴイところはまさにココだと思います。

普通の人間には簡単にはできません。
でも、できないからって、諦めるわけにはいきませんよね。
普通の人が「継続」できるようになるには、実はとっておきの方法があります。
それは…長くなるんで、また今度にしましょう。

とにかく今回は勉強になりました。
感謝です。

ビジネスにおいて感情に訴えるストーリーテリングで「行動」を起こさせる、BESTプレゼンプロデューサーの根本広喜でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31