【プレゼン極意vol.3】 相手が何を知りたいか、最終的にどうしたいかをしっかり把握する

この記事の所要時間: 123

ビジネスにおいて感情に訴えるストーリーテリングで「行動」を起こさせる、BESTプレゼンプロデューサーの根本広喜です。

今日の【プレゼン極意】はコチラ。
 
【プレゼン極意vol.3】
相手が何を知りたいか、最終的にどうしたいかをしっかり把握する

 
【解説】

プレゼンテーションの極意何故プレゼンをするのか…それは相手に自分の伝えたいことを、より高い価値をもって伝えるためです。
しかし、伝えるべきことは相手が知りたいと思っていることであるいう前提があります。

日常いろいろな方のプレゼンを聞きますが、相手が知りたいと思っていることではないことを一生懸命に喋っているというケースをよく見かけます。
完全に一方通行の状態です。

営業の場面では特に重要です。
よく「営業力=しゃべり倒す力」のように勘違いして、マシンガントークを延々と続ける営業マンがいますが、こういう方は大概相手が何を考えているかを把握していません。
(というか、全く気にもしていないかもしれません…)

本当の営業力とは、ヒアリング力と理解力です。

相手が何を知りたいか、最終的にどうしたいかをしっかり把握するというところからすべては始まります。
そこから逆算して作っていくのが、プレゼンの作り方です。

あなたのプレゼントークは的外れのトンチンカンなものになっていませんか?

これについて動画でもお話ししていますので、ご覧ください。

ビジネスにおいて感情に訴えるストーリーテリングで「行動」を起こさせる、BESTプレゼンプロデューサーの根本広喜でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
2018年1月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031