この記事の所要時間: 228

USPを超える”らしさ”のブランドコンサルティング

“USP”だけじゃダメなんだよ、”らしさ”がないと。
USPは売上を上げるけど、利益を上げるのは”らしさ”なんだから。

世の中は「USP(独自の強み)」花盛りです。
マーケッターでUSPを口にしない人はいませんし、「USPがあれば(見つけられれば)必ず成功する」と言い切っている人さえいます。
確かに売上を上げる上でUSPが重要なのは間違いありません。
しかし、そんな話をすると必ず「自分にはUSPなんかないよ…」という人がいますが、どんな人でも必ずUSPを「作る」ことはできますし、根本広喜プロデュース事務所は当然そのお手伝いもします。
しかし、USPだけではダメなのです。
USPの上に、あなた”らしさ”が備わって、はじめて利益が最大化するということは世の中であまり知られていません。
根本広喜プロデュース事務所独自の「”らしさ”発掘メソッド」で絶対的な”らしさ”を手に入れ、加速するブランディングで最大の利益を手に入れて下さい。

USPさえ凌駕する”らしさ”の重要性

らしさ「USP」は日本語ではよく「独自の強み」と訳されます。
競争相手の多い現代で勝ち抜いていくためには、USPが必要なのは間違いありません。
では、「強み」について言うと、「強み」は性能、能力によるものが多く、基本的にその度合を測れるものです。 
(例)「実績OOO社!」
しかし、「強み」は「もっと強い」が現れたときに、打ち消されてしまうという問題があります。
そこでUSPを強固なものにするために、根本広喜プロデュース事務所が考える概念が”らしさ”なのです。

USPが性能、能力によるものであるということに対して、“らしさ”は「味わい」であるということができます。
また、「強み」は測れますが、「味わい」は測れないので、「もっと上」に負けることはありません。
言い換えれば、USPは相対で、”らしさ”は絶対と言うこともできます。

したがって、USPが大きくなると「売上」が上がるが、”らしさ”が際立つと、「利益が」上がるということになります。
具体的に言うと、”らしさ”が際立つと絶対的な「ファン」が生まれます。
よって、他者との価格競争に巻き込まれなくなるので、利益が上がるのです。
ベンツやBMWが高いのに売れるのが良い例です。

しかし、”らしさ”は実は自分ではなかなか気づきません。
根本広喜プロデュース事務所独自の「”らしさ”発掘メソッド」が、あなたに最大の利益をもたらします。

USPを超える”らしさ”でブランディングのお手伝い 料金

コース 料金 備考
USPを超える”らしさ”で
ブランディングのお手伝い
初期費用 10万円(税別)~
月次費用 5万円(税別)~
※初期費用は
 プロデュースガイド
 ライン制作費含む
※契約期間
 6か月以上