「魅せ方」を間違うと「死に至ることもある

この記事の所要時間: 115

根本です。
 
プロデュースという仕事をしている関係上、世の中の時流を知る
という意味で、テレビドラマはほとんど見ているという話を以前
した。
これはいまでも変わらないのだが、今クールではいろんな意味で
興味深いドラマが始まったね。
 
TBS日曜劇場「ルーズヴェルト・ゲーム」
 
「ルーズヴェルト・ゲーム」とは、かつての米大統領フランクリン・
ルーズヴェルトが「野球は8対7が一番面白い」と言ったところから、
シーソーゲーム的な8対7の試合を指すらしい。
このドラマも倒産寸前の企業が、そしてその中に存在する弱小
野球部が、逆転に次ぐ逆転で復活していくというストーリーらしい。
 
話自体は面白そうだよね。
初回を見て、その通り面白かった。
 
しかし、冒頭「いろんな意味で興味深い」と言ったが、この
ドラマの見どころ…と言うか、意味することは、ストーリーとは
別のところにあるんだよね。
 
それを話しているので、是非見て欲しい。
 

 
今回TBSは「魅せ方」だけじゃなく、恐らく「仁義の切り方」も
間違ったんだろうな。
 
それが故に、「半沢直樹」が恐らく今後見られなくなるのは、
非常に残念だけどね。
 
しかし、これは魅せ方を間違うとこうなってしまうという教訓
かもしれんな。
 
気をつけないとね。
 
じゃ、また。

コメントは利用できません。
2018年9月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930