「稼ぐ」って、どういうことか知ってんの?

この記事の所要時間: 143

根本です。

先日、あるクライアントから「根本さん、どうしたら稼げるように
なるんですかね?」と聞かれた。
何と答えたかは後述するとして、この「稼げる」というワードが
非常に気になったので、今日はこのことに触れてみたいと思う。

世の中はネットビジネスが大流行りだ。
そして、それにまつわる情報商材系の売込みで必ず出てくるのが、
「稼ぐ」「稼げる」というワードだ。
例えば、「1日10分で誰でも稼げる〜」みたいな。
まぁ、しっかり働きたくないヤツからすれば、楽してお金が得られる
方法には飛びつくよね。
誰だって苦労はしたくないし、ラク。したい。
オレだってそうだ。

ネットビジネスは大いに結構、やりたいヤツはやればいい。
(オレはやらないけどね)

ただ…「稼ぐ」「稼げる」という言葉を軽々しく使うなよ
と言いたいね。

元々「稼ぐ」という言葉は、単に「お金を得る」という意味ではなく、
「一所懸命に働く」という意味なんだよ。
辞書引いてごらん。

だから、一所懸命に働かないヤツは、「稼げない」んだ。

冒頭のクライアントとのやりとりに戻るが、オレは当然こう答えたよ。
「頑張れば、できるよ」

当然だよ。
「稼ぐ」って、「一所懸命に働く」ことなんだから。
一所懸命働くことは、頑張ればできるよね。

問題はその意味をわかっていないことよりも、お金をラクして得られる
方法があると思っている人間が、たくさんいるということだ。

確かに、それはあるのかもしれない。
でも、それはホンの一部の人たちだけで、普通の人にはないんだよ。
一所懸命、苦労を重ねて、少しでも「効率のいい」方法を見つけて
いく
のが普通だし、それが実際、一番の近道
なんだよね。

かく言うオレもそんなことがわからず、随分遠回りしたよ。
だからクライアント、とりわけこれから起業を目指している方には
いつも言っている。
「今できることじゃなくても、自分が本当に一所懸命になれるもの、
見つけなよ」

ここがすべてのスタートだと思うね。

じゃ、また。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
2018年1月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031